バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションで得た利益は税金を払う必要はあるのかどうか、疑問に思う方もいるでしょう。答えは、内職やFX、株式投資などで利益を得た場合と同様に、バイナリーオプションの場合も税金を支払う必要があります。

 

バイナリーオプションの税金の区分は「雑所得」となります。雑所得は、収入が年間20万円を超える場合、確定申告をしなければなりません。

 

トータルでの利益が20万円未満の場合には申告義務はありません。複数の証券会社を利用し、取引している場合は全てを合算した額が申告の対象となります。

 

証明する書類があれば必要経費が認められますので、帳簿をつけるなどして、できるだけ計上しておいた方が良いでしょう。バイナリーオプションで認められる必要経費には、次のようなものがあります。

 

売買手数料、振り込みにかかった手数料、バイナリーオプションをするために用意したパソコンや通信機器の購入代金、インターネット接続の通信料金、筆記用具代等です。また、利益を上げるために有料のセミナーを受講したり、雑誌や新聞等で情報を得たり、専門の書籍や教材を購入して知識を深めたりした場合、これらにかかった代金も必要経費として計上することができます。

 

税金の申告は、事前にしっかりと準備をしておくことが重要です。申告時期になって慌ててしまうことのないよう、日頃から必要経費と利益の管理はしっかりとしておくことが望ましいでしょう。

 

会社員やパートの場合、年末調整は会社でやってくれるところが多いですので、自分で申告するのは初めてで、何から手をつければ良いかわからないという方も多いでしょう。わからないことは、確定申告の相談窓口に相談すれば教えてもらえます。

 

確定申告の時期になると、地域ごとに相談窓口が設けられ、無料で相談に乗ってもらうことができます。毎年、混雑することが予想されますので、必要な書類はできるだけ揃えておき、早めに足を運ぶようにしたいものです。



オススメ、バイナリーオプション業者

GMOクリック証券
話題となっているバイナリーオプションの中でも、多くのユーザーが活発に取引をしているのがGMOクリック証券になります。すでに実際に取引を行っているユーザー数は1万人を超えていると言われており、時にはチケットが売り切れる場面もあります。バイナリーオプションのサービスの中でも最もシンプルなスタイルが魅力です。

GMOクリック証券 外為オプション

FXトレード・フィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、高い人気となっているのがFXトレード・フィナンシャルのサービスになります。バイナリーオプションの中ではGMOクリック証券と1位2位を争っているサービスの人気度となっています。取引もシンプルなスタイルが魅力です。

らくらくFX

みんなのFX
1枚辺りのチケットの最低取引単価が50円となっていて、バイナリーオプションサービスを提供している業者の中では、最も低い金額で取引を行う事が出来るサービスとなっています。サービスリリース時期が他社よりもちょっと遅目からだったので、これから会員数の増加が期待されています。

FXプライム
GMOグループになったFXプライムでも、バイナリーオプションの提供がされています。シェアとしても一定を確保しているサービスとなっていて、元伊藤忠グループと言う事もあり、FX業者の中では老舗のサービスとなります。システム面での強固さが売りとなっていて、安心してユーザーが取引を行える環境としてユーザーからの信頼が大きい会社です。

FXプライム(アプリS) 468×60

アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト