バイナリーオプションのラダーオプション

バイナリーオプションのラダーオプション

バイナリーオプションのラダーオプションとは、原市場の価格が取引終了の時点で、設定値以上に上昇するまたは上昇しないを予想する取引になっています。バイナリーオプションのラダーオプションは、一つの銘柄に対し、設定条件価格がラダー(はしご)のように上下複数設定されていることから、この名称がついたようです。

 

バイナリーオプションのラダーオプションの取引ルールは、ある一定時点の価格が、設定されている価格以上になるかならないかを予測する取引ですので、取引そのものは非常に簡単なものです。このある一定時点とはFXバイナリーで1日5回あり、株価指数バイナリーや商品バイナリーでは、1日1回になります。

 

取引終了時間に対象銘柄の価格が設定条件価格より上昇していると予想する場合は買いとなり、反対に上昇していないと予想する場合には売りとなるようになっています。対象銘柄の価格が設定条件価格よりも上昇した場合は100となって、上昇しなかった場合は0で清算されるようになっています。

 

取引終了前に反対売買で清算する途中清算も利用できるようになっています。利益または損失は、買値または売値と清算値の差額になっていて、清算値とは100または0か、途中清算の場合は提示価格となっています。

 

ラダー取引の際のラダー価格は、権利行使できる確率が非常に高いと予想されるラダーについては、高い数値になるようになっています。すなわち、ラダーの価格は権利行使価格にとどく確率、いわゆる%として見ることができるようです。

 

このような観点から見ると非常にわかりやすくなってきます。取引の内容としては、例えばラダー銘柄の買いポジションを70で保有して、取引の修了後にはその銘柄が設定条件価格以上になっている場合、100で清算しますので100-70となり、30が利益となります。

 

反対に設定条件価格未満になっている場合は、0で清算しますので0-70で損失が70ということになります。



オススメ、バイナリーオプション業者

GMOクリック証券
話題となっているバイナリーオプションの中でも、多くのユーザーが活発に取引をしているのがGMOクリック証券になります。すでに実際に取引を行っているユーザー数は1万人を超えていると言われており、時にはチケットが売り切れる場面もあります。バイナリーオプションのサービスの中でも最もシンプルなスタイルが魅力です。

GMOクリック証券 外為オプション

FXトレード・フィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、高い人気となっているのがFXトレード・フィナンシャルのサービスになります。バイナリーオプションの中ではGMOクリック証券と1位2位を争っているサービスの人気度となっています。取引もシンプルなスタイルが魅力です。

らくらくFX

みんなのFX
1枚辺りのチケットの最低取引単価が50円となっていて、バイナリーオプションサービスを提供している業者の中では、最も低い金額で取引を行う事が出来るサービスとなっています。サービスリリース時期が他社よりもちょっと遅目からだったので、これから会員数の増加が期待されています。

FXプライム
GMOグループになったFXプライムでも、バイナリーオプションの提供がされています。シェアとしても一定を確保しているサービスとなっていて、元伊藤忠グループと言う事もあり、FX業者の中では老舗のサービスとなります。システム面での強固さが売りとなっていて、安心してユーザーが取引を行える環境としてユーザーからの信頼が大きい会社です。

FXプライム(アプリS) 468×60

アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト