バイナリーオプションの種類

バイナリーオプションの種類

バイナリーオプションの種類は、取引方法では3つに分けることができるほか、銘柄にもいろいろな種類があります。取引方法で最も代表的で人気があるのは、取引終了後の判定時間に相場が上がるか、下がるかを単純に予想して購入するもので、ラダーオプション、あるいはハイ/ロー、またはプラス/マイナスなどと呼ばれます。

 

バイナリーオプションを取り扱うほどんどの証券会社で取引することができるもので、名称は証券会社によって異なるようですが、内容はすべて同じことを指します。その他に取引方法では取引時間内に設定した条件に一度でもタッチするかどうかを予想するタッチオプション、あるいはワンタッチオプションが次に人気があります。

 

この取引も取り扱っている証券会社が増えています。3番目の取引方法は変動幅を予想するもので、取引時間終了時点で一定の変動幅の中にある(イン)か、それ以外のところにある(アウト)かを予想して購入します。

 

この取引は、取り扱っている証券会社がまだ少ないようです。バイナリーオプションを銘柄で分けると、日本で最も人気が高いのはFXです。

 

ほとんどの証券会社で扱っているので、もっとも気軽に参加しやすいものです。FXについて知識や経験があれば、簡単に取引することができますが、はじめて投資をするという人も、FXから入るのがいちばんわかりやすいと言えるでしょう。

 

また日本の証券会社ではまだ取り扱っているところが少ないですが、商品先物や株価指数、株式などを取り扱うバイナリーオプションもあります。商品先物では貴金属やエネルギーがおもな商品で、株価指数では日経やニューヨーク・ダウなどが代表的なものです。

 

それぞれの銘柄をそれぞれの取引方法がありますが、何を取り扱っているかは証券会社によって異なるので、何を取引したいのかで口座開設する会社を選べばよいでしょう。証券各社を比較しているサイトなどを参考にして、検討してみましょう。



オススメ、バイナリーオプション業者

GMOクリック証券
話題となっているバイナリーオプションの中でも、多くのユーザーが活発に取引をしているのがGMOクリック証券になります。すでに実際に取引を行っているユーザー数は1万人を超えていると言われており、時にはチケットが売り切れる場面もあります。バイナリーオプションのサービスの中でも最もシンプルなスタイルが魅力です。

GMOクリック証券 外為オプション

FXトレード・フィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、高い人気となっているのがFXトレード・フィナンシャルのサービスになります。バイナリーオプションの中ではGMOクリック証券と1位2位を争っているサービスの人気度となっています。取引もシンプルなスタイルが魅力です。

らくらくFX

みんなのFX
1枚辺りのチケットの最低取引単価が50円となっていて、バイナリーオプションサービスを提供している業者の中では、最も低い金額で取引を行う事が出来るサービスとなっています。サービスリリース時期が他社よりもちょっと遅目からだったので、これから会員数の増加が期待されています。

FXプライム
GMOグループになったFXプライムでも、バイナリーオプションの提供がされています。シェアとしても一定を確保しているサービスとなっていて、元伊藤忠グループと言う事もあり、FX業者の中では老舗のサービスとなります。システム面での強固さが売りとなっていて、安心してユーザーが取引を行える環境としてユーザーからの信頼が大きい会社です。

FXプライム(アプリS) 468×60

アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト