バイナリーオプションの判定タイプ

バイナリーオプションの判定タイプ

バイナリーオプションの判定タイプには、「High・Low」「レンジ」「ワンタッチ」といった、3つの種類があります。中でもバイナリーオプションでは、「High・Low」がもっとも一般的な判定タイプとなっています。

 

「High・Low」というのは、ある一定時間後の相場が、プラスに動いているかマイナスに動いているかを予想するというもので、二者択一の簡単でシンプルなものとなっています。具体的にはFXであれば、金額に関係なく例えば1時間後の為替相場が、円高に動いているか円安に動いているかを予想するだけとなります。

 

予想が的中すれば利益を得ることができ、ハズれていれば掛け金のすべてを失うということとなります。「High・Low」はもっとも一般的な判定タイプとなっているため、バイナリーオプションを扱うすべての業者で取り扱いを行っています。

 

そして「レンジ」というのは範囲を意味しており、ある一定時間後に、相場が設定された範囲内にあるかどうかを予想するというものとなっています。具体的にはFXであれば、1ドルが75円とすると、例えば1時間後の金額が1ドル75〜78円以内に収まっているかどうかを、予想するというものです。

 

74円以下であったり79円以上であったりした場合には、予想がハズレということになります。そして「ワンタッチ」というのは、判定時刻までに、相場が設定をした価格に一度でも到達することができるかどうかを予想するというものとなります。

 

具体的にはFXであれば、1ドル75円だった米ドルが、判定時刻までに78円に到達するということが、一度でも訪れるかどうかを予想するものとなります。判定時刻の時点で78円であるという必要はなく、一度でも到達をしていれば予想が的中ということになります。

 

「レンジ」や「ワンタッチ」は業者によっては取り扱いを行っていない場合があるため、バイナリーオプションのために口座開設を行う前に、確認をするということが必要となります。



オススメ、バイナリーオプション業者

GMOクリック証券
話題となっているバイナリーオプションの中でも、多くのユーザーが活発に取引をしているのがGMOクリック証券になります。すでに実際に取引を行っているユーザー数は1万人を超えていると言われており、時にはチケットが売り切れる場面もあります。バイナリーオプションのサービスの中でも最もシンプルなスタイルが魅力です。

GMOクリック証券 外為オプション

FXトレード・フィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、高い人気となっているのがFXトレード・フィナンシャルのサービスになります。バイナリーオプションの中ではGMOクリック証券と1位2位を争っているサービスの人気度となっています。取引もシンプルなスタイルが魅力です。

らくらくFX

みんなのFX
1枚辺りのチケットの最低取引単価が50円となっていて、バイナリーオプションサービスを提供している業者の中では、最も低い金額で取引を行う事が出来るサービスとなっています。サービスリリース時期が他社よりもちょっと遅目からだったので、これから会員数の増加が期待されています。

FXプライム
GMOグループになったFXプライムでも、バイナリーオプションの提供がされています。シェアとしても一定を確保しているサービスとなっていて、元伊藤忠グループと言う事もあり、FX業者の中では老舗のサービスとなります。システム面での強固さが売りとなっていて、安心してユーザーが取引を行える環境としてユーザーからの信頼が大きい会社です。

FXプライム(アプリS) 468×60

アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト