バイナリーオプションの必要資金

バイナリーオプションの必要資金

バイナリーオプションの必要資金は、自分が掛けたい金額のみとなっています。基本的には利用する証券会社などによって、最低掛け金が決められているため、その金額以上が必要資金となります。

 

証券会社によっては取引を100円から行えるというところもありますが、多くの場合は1,000円からというのが一般的となっています。株式投資ではある程度まとまった資金がないと株を購入することができませんし、FXやCFDなどでも最低証拠金がある程度必要となるため、バイナリーオプションは気軽に挑戦できる取引ということが言えます。

 

具体的には例えば通貨取引であれば、ある一定時間後に相場が上がっているか下がっているかという二者択一の予想をして、掛け金を投資するだけとなります。ある一定時間後に予想が当たっていれば掛け金のおよそ倍の額を得ることができますし、予想がハズれていればすべてを失うというしくみとなっています。

 

ただし予想が当たっていた場合にも、払い出しには手数料がかかるため、必ずしも掛け金の倍の額を受け取れるというわけではありません。払い出しのペイアウト率は、各証券会社によって異なります。

 

バイナリーオプションの必要資金は、掛け金以外の手数料などが、一切不要というのが特徴となります。株式やFXなどでは相場の変動によって、初めに投資した金額よりも損失を出すという可能性があります。

 

しかしバイナリーオプションでは、予想がハズれた場合にも、損失は掛け金のみというのがメリットとなっています。例えばドル/円のFXの取引で、10,000円のレバレッジ10倍で、米ドル700ドルの取引を行った場合、円が10,500円に上がれば5,000円の損失が出ることとなります。

 

しかしバイナリーオプションでは、掛け金が1,000円であれば、1,000円のみが損失ということになります。掛け金以上の損失は一切ないため、資金管理が行いやすくなっているということも、メリットとなっています。



オススメ、バイナリーオプション業者

GMOクリック証券
話題となっているバイナリーオプションの中でも、多くのユーザーが活発に取引をしているのがGMOクリック証券になります。すでに実際に取引を行っているユーザー数は1万人を超えていると言われており、時にはチケットが売り切れる場面もあります。バイナリーオプションのサービスの中でも最もシンプルなスタイルが魅力です。

GMOクリック証券 外為オプション

FXトレード・フィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、高い人気となっているのがFXトレード・フィナンシャルのサービスになります。バイナリーオプションの中ではGMOクリック証券と1位2位を争っているサービスの人気度となっています。取引もシンプルなスタイルが魅力です。

らくらくFX

みんなのFX
1枚辺りのチケットの最低取引単価が50円となっていて、バイナリーオプションサービスを提供している業者の中では、最も低い金額で取引を行う事が出来るサービスとなっています。サービスリリース時期が他社よりもちょっと遅目からだったので、これから会員数の増加が期待されています。

FXプライム
GMOグループになったFXプライムでも、バイナリーオプションの提供がされています。シェアとしても一定を確保しているサービスとなっていて、元伊藤忠グループと言う事もあり、FX業者の中では老舗のサービスとなります。システム面での強固さが売りとなっていて、安心してユーザーが取引を行える環境としてユーザーからの信頼が大きい会社です。

FXプライム(アプリS) 468×60

アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト