バイナリーオプションのリスクヘッジ

バイナリーオプションのリスクヘッジ

バイナリーオプションは、FXやCFD取引における、リスクヘッジなどにも活用することができます。バイナリーオプションの基本的なルールは、相場がプラスに動くかマイナスに動くかを予想するだけという、二者択一のシンプルなものとなっています。

 

ですからリスクヘッジでは、FXやCFDで保有するポジションの、逆張りをすることによって活用することができます。例えばFXのドル/円による取引で、円安になることを期待して、ドルを長期間保有し続けるとします。

 

しかしある時期期待に反して、相場が一時円高に触れる傾向になったとします。そういった場合にはバイナリーオプションで逆張りをすることによって、損失を最小限に抑える、もしくは相殺をすることが可能となります。

 

具体的には円安を期待してFXのポジションを保有したまま、円高になる予想をすることによって、リスクヘッジを行うことができます。期待通り円安になった場合にはFXで利益を出すことができますし、円高になった場合にはバイナリーオプションで利益を出すことができます。

 

掛け金の額によっては、たとえFXで損失を出したとしても、最終的には利益を出すことができるということも可能となります。バイナリーオプションの取引は、数分から長くても原則1日で終了します。

 

ですからポジションを長期間保有する場合には、こまめにリスクヘッジに活用することができ、たいへん便利となっています。ただしリスクヘッジとして活用する場合には、相場をしっかりと読む力と、それなりのテクニックが必要となります。

 

例えば1時間後に相場が上がっているか下がっているかを予想するという場合には、予想の受け付けは5分前ぐらいまで行っている場合もあるため、なるべくギリギリに行うというのがポイントとなります。1時間後の予想よりも、5分後の予想の方がはるかに行いやすいため、受付時間を確認してから挑戦をするということが大切となります。



オススメ、バイナリーオプション業者

GMOクリック証券
話題となっているバイナリーオプションの中でも、多くのユーザーが活発に取引をしているのがGMOクリック証券になります。すでに実際に取引を行っているユーザー数は1万人を超えていると言われており、時にはチケットが売り切れる場面もあります。バイナリーオプションのサービスの中でも最もシンプルなスタイルが魅力です。

GMOクリック証券 外為オプション

FXトレード・フィナンシャル
バイナリーオプションの中でも、高い人気となっているのがFXトレード・フィナンシャルのサービスになります。バイナリーオプションの中ではGMOクリック証券と1位2位を争っているサービスの人気度となっています。取引もシンプルなスタイルが魅力です。

らくらくFX

みんなのFX
1枚辺りのチケットの最低取引単価が50円となっていて、バイナリーオプションサービスを提供している業者の中では、最も低い金額で取引を行う事が出来るサービスとなっています。サービスリリース時期が他社よりもちょっと遅目からだったので、これから会員数の増加が期待されています。

FXプライム
GMOグループになったFXプライムでも、バイナリーオプションの提供がされています。シェアとしても一定を確保しているサービスとなっていて、元伊藤忠グループと言う事もあり、FX業者の中では老舗のサービスとなります。システム面での強固さが売りとなっていて、安心してユーザーが取引を行える環境としてユーザーからの信頼が大きい会社です。

FXプライム(アプリS) 468×60

アドセンス広告

海外バイナリーならバイナリーティルト